しみ・そばかす:それぞれの原因と対策を知って正しく治す

「しみ」と「そばかす」は同じようなものに思えるかもしれませんが、この二つは全く別物と言えます。一体何が違うのでしょうか。

しみとそばかすの違いや、原因と対策法、しみとそばかすを消す化粧品についてもお話していきます。

①同じじゃないの?しみとそばかすの原因

まずはしみとそばかすの原因となるものが一体何なのかを考えていきましょう。

やっぱり?!しみの原因は紫外線

まず、しみは紫外線が主な原因で、紫外線が肌に当たるとメラノサイト(色素細胞)が活発になり、ダメージから肌を守るためにメラニンを作り出します。

メラノサイトが作り出した「メラニン」と呼ばれる色素が紫外線を吸収し、有害な紫外線が肌を損傷しないよう保護しているのですが、紫外線を大量に浴びてしまうなどメラニンを排出する働きが間に合わないと皮膚の表面に浮かび上がってしみとなってしまいます。

しみはニキビの跡などの肌の炎症から引き起こされたり、紫外線を浴びると活性酸素が発生し、細胞を老化させる働きがあるので年齢を重ねるごとに増えていく傾向があります。

本来、肌のターンオーバー(新陳代謝)によってしみは消えるものですが、加齢やホルモンバランスなどによって周期が乱れてしまうとしみが蓄積されてしまうのです。

原因の多くは遺伝!そばかすは子どもの頃にあらわれる

「雀卵斑」とも言われるそばかすは、多くが遺伝性(先天性)であり、しみよりも斑点の大きさは小さいことが特徴です。

頬に多く、顔以外でもそばかすがでる場合があり、しみと同様に紫外線のダメージを受けることで色が濃くなる特徴を持っています。

子どもに出やすく年齢とともに薄くなる傾向があります。

また、紫外線や生活習慣の乱れが原因の後天性のそばかすがあり、大人になってからできたそばかすは年齢を重ねるごとに目立ってしまいます。

しみとそばかすというのは根本的には違うものなのですが、どちらも紫外線が原因となって引き起こされるものでもあるのです。

②原因は同じ紫外線なのにしみとそばかすに違いってあるの?

では、しみとそばかすは何が大きく違うのでしょう?

一言で説明するならば、ハッキリと目視できるような形に形成される時期が違います。

まずは「しみ」について詳しく解説していきます。

しみについて

しみは年齢を重ねていき30代になったころから形成されていくもので、子どもの頃からできるものではありません。

加齢とともにターンオーバーがうまく行われなくなっていく、ということが原因となります。

若いうちから紫外線の対策をしていなかったり、日焼けをすることが多かったという場合は紫外線からのダメージが蓄積されているのでしみはできやすくなります。

ホルモンバランスの乱れなどもしみの原因となります。

しみは、頬や目の周り、額などに左右対称に出来やすいものです。

そばかすについて

「そばかす」は小さな子供のうちからあらわれることが多く、遺伝が原因と考えられています。

そばかすは鼻の周りや頬に出来やすいものですが、顔だけではなく、腕や背中などの体にもあらわれることがあります。

紫外線を浴びることでそばかすは濃くなっていくという特徴があります。

そして、しみとは反対で年齢を重ねていくごとに薄くなっていくという特徴もあります。

しみは後天性なもの、そばかすは遺伝性なもの、というこの2つには根本的な違いがあります。

③しみとそばかすの予防のための5つの対策

しみは後天性で加齢とともにできていくもの、そばかすは生まれつきで遺伝性のもの、原因は違いますが対策としては基本的に同じです。

特にそばかすに関しては予防法などないようにも思えますが、「濃くなっていく」のと「増えていく」のを抑えていくケアをしていくという方法があります。

そしてその方法はしみ対策にもつながります。

では、具体的な対策方法をみていきましょう。

日焼け止めは必須アイテム!紫外線対策が最も重要!

しみとそばかすの対策をしていく上で最も重要なこととなるのが紫外線の対策です。

紫外線と聞けば夏を想像すると思いますが、紫外線は一年中、年中無休で浴びているものでもあります。

屋外だけではなく、部屋の中や車の中にいても紫外線を浴びているということもあります。

しみとそばかすの対策をしていくためには、真夏の紫外線の強い時期だけではなく、常に紫外線対策を意識していく必要があります。

すでに、しみやそばかすが出来てしまっている場合でもこれ以上増やさないためにも気をつけていく必要があります。

では、具体的に紫外線対策というというのはどんなことをしていったらよいのでしょう。

紫外線対策に効果的な方法

紫外線対策で一般的に知られてる方法は、日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったり、日傘をさすといった方法です。

これらの対策方法が紫外線には一番有効的なものだと言えます。

しみやシワ、たるみを予防する効果の高い「PA++++」の日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

しみやそばかすを予防するための紫外線対策は毎日行っていく、日々の積み重ねが大切になります。日常生活の中で紫外線の予防を常に意識していきましょう。

食べ物やサプリで補充!ビタミン類を積極的に摂る

しみやそばかすの対策をしていくためにはビタミン類を積極的に摂り入れていくようにしていきましょう。

「ビタミンA」で肌の老化防止

「ビタミンA」には活性酸素を除去して肌の老化を防ぐ効果と、メラニンの沈着を防ぐ働きがあるとされています。

色の濃い緑黄色野菜などに多く含まれているビタミンで、パプリカやニンジン、ニラなどに多く含まれています。

野菜以外では牛乳や卵、レバーに含まれています。

ビタミンAは水に溶けにくく脂に溶けやすい「脂溶性ビタミン」で、体にたまりやすい栄養素です。

食べ物から摂取する分には問題は全くありませんが、サプリメントから摂取する場合は過剰摂取にならないように注意をしていきましょう。

できてしまったしみ・そばかすに効果有り!「ビタミンC」

ビタミンCは、メラニン色素の定着を予防したり薄くしたりします。

柑橘類やさつまいも、キャベツやれんこんなどに多く含まれています。

ビタミンCは水に溶けやすい水溶性ビタミンなので、摂取をしても数時間で排出されます。

毎食ごとに意識して取り入れたり、サプリメントを併用するなどしていきましょう。

抗酸化作用なら「ビタミンE」

ビタミンEには抗酸化作用があります。

しみやそばかすの原因となるメラニン色素は活性化酸素がもととなって生成されていきます。

ビタミンEの強力な抗酸化作用でメラニンの生成を抑えることができるということにつながりますね。

ビタミンEには老化を防止する働きもあります。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのいずれにも優れた抗酸化作用があります。

ビタミンCは酸化されてしまったビタミンEをもとの正常なビタミンEに戻す効果もあるので、ビタミンCとビタミンEは同時摂取することでより効果的になります。

このように、ビタミン類はしみやそばかすから肌を守るためには欠かすことのできない栄養素なのです。

肌への刺激・摩擦を避ける

しみ、そばかすの予防を意識するなら、肌に刺激を与えないようにしていきましょう。

洗顔をするときはゴシゴシと擦らないようにするとか、顔を拭くときも擦らないようにするなどです。

しみやそばかすの原因となるメラニンは肌を守るために作られるものですが、肌は必要以上の刺激を感じることで肌を守ろうとしてメラニン色素を生成してしまうのです。

メイクを落とす時などは、肌をやさしく撫でるように行いましょう。

しみやそばかすを消すための化粧品って?

しみやそばかすの対策は美白化粧品で行っていくことでも効果を発揮します。

美白化粧品は様々な種類のものが販売されていますが、特に「ビタミンC誘導体」が配合されているものがおすすめです。

「ビタミンC誘導体配合」と「ビタミンC配合」というのでは全く異なります。

ビタミンC誘導体が配合されている化粧品を選ぶ

ビタミンCには抗酸化作用や美白効果がありまが、ビタミンCはそのままの形だと壊れにくい不安定な成分なので効果が発揮されにくいものでもあります。

そこで、ビタミンCが壊れず効果を発揮されやすく人工的に改良した成分があります。

それがビタミンC誘導体なのです。

ビタミンC誘導体は皮膚の奥までしっかりと浸透していき、皮膚の内部に浸透してからビタミンCへと変化していきます。

ビタミンC誘導体にはメラニン色素の形成を抑える効果や、すでにできてしまっているしみやそばかすを薄くして目立たなくしていく効果があります。

なのでしみやそばかすの対策で美白化粧品を選んでいく場合はビタミンC誘導体が配合されているものを意識して選んでいきましょう。

効果が実感しやすいレーザー治療

しみやそばかすの対策方法にはレーザー治療もあります。

レーザー治療ならば、ほぼ確実にできてしまったしみやそばかすでも薄くしていくことができます。

レーザー治療は一番効果が高くて確実にしみやそばかすの対策をしていくことができる方法です。

他の対策方法と比べると治療費などが高くかかってしまうイメージがありますが、美白化粧品などでもとても高額なものもありますし、しみやそばかすを綺麗に確実に対策していきたい場合は一度クリニックを受診してみるのも良いかもしれません。

④まとめ

  • しみの原因は紫外線、そばかすの原因の多くは遺伝で子どもの頃にあらわれる。
  • しみは後天性なもの、そばかすは遺伝性なもの。
  • 紫外線対策を重点的に行い、しみやそばかすの対策はビタミンC誘導体が配合された化粧品を選ぶ。
  • ほぼ確実に消すのであれば、クリニックでのレーザー治療を視野に入れる。

しみ・そばかすを気にしている女性から、今選ばれている化粧品とは?

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。